転職に役立つITの資格にはどのようなものがあるか

転職に役立つITの資格にはどのようなものがあるか

資格を持っていると、当然、転職に有利です。

しかし、資格の中にも持っていると有利なものと、あまり重要視されないものがあります。そのため、今回は、ITの領域に絞って、どのような資格が転職に有利か、を考えてみたいと思います。

 

1. 技術力を証明する資格

 

まず、基本情報技術者試験、及び応用情報技術者試験は、ITの技術力の基礎を証明するものですので、取っておくと有利です。

国家資格ですし、知名度が高いため、ほぼすべての面接官がこの資格を知っているでと思います。

又、最近、セキュリティー系の資格の人気が出ています。テレビや新聞で報道されているように、セキュリティー関連の事故は増えており、事故をあらかじめ防いだり、発生してしまった場合の対応ができる人材への需要が高まっています。

有名なものとしては、シスコ技術者認定(セキュリティー)、CISM(公開情報セキュリティーマネージャー)SC(情報セキュリティスペシャリスト試験)等があり、持っていると、転職の際に、高めの年収を交渉できる可能性があります。

 

2.管理系の能力を証明する資格

 

IT関連の資格としては、技術力の資格の他に、プロジェクトの管理能力や、メソドロジーの知識を証明する資格があります。

プロジェクト管理能力を証明する資格には、システムの安定稼働の能力を測るITサービスマネージャー試験、プロジェクトの計画立案、予実管理、品質管理等の領域を対象とするプロジェクトマネージャー試験があります。

又、メソドロジーの知識を証明する資格には、ITILやCMMIがあります。どの資格も、管理職として転職を考えている人は、是非、取得を検討して頂きたい資格です。

気を付けなければいけないのは、管理系の能力を証明する試験は、試験の受講資格として「プロジェクトマネージャーの実務経験が2年以上ある事」等の前提条件がつく事が多いため、取得を考えている人は、早めに受験の予定を考え、必要とされる実務経験を積んでおく必要があります。

 

3.やはり必要とされるのは経験

 

以上、資格取得の有利さについて話をしてきましたが、ITは医師や弁護士のような免許許可制の仕事ではないため、実務経験が重視されます。

例えば、ITILの試験に合格しているが実務に使った事がない人よりも、資格を持っていなくてもITILをベースにしたプロジェクトに5年関わってきた人、を比べたら後者が採用される可能性の方が高いのです。

そのため、資格試験を取るだけでなく、その資格に関連した実務を積んでいく事も重要です。

 

転職の際、資格を持っているメリットは何か?

 

メリットとしては、「ある程度の知識がある事を証明できる」「どうしてもその仕事がやりたくて、資格とったという熱意のアピールができ
る」の2つがあると思います。

会社によっては、資格手当が月給に加算される場合もありますので、自分がやりたい方向性にあった資格をチェックし、受験をしてみるのも良いかもしれません。

エンジニア1000人給与実額と本音|【Tech総研】 – リクナビNEXT

異業種からIT業界へ転職できるか

異業種からIT業界へ転職できるか

異業種からIT業界へ転職できるか

 

現代は、情報化時代でITの仕事が増えています。

今は他の仕事をしているけれども、ITの世界に転職できないか、と考えている人も多いかと思います。

どのような分野であれば転職が可能で、転職する前にどのような準備をしておくべきか、について見てみましょう。

 

1.第二新卒で転職をする場合

 

20代半ばまでであれば、第二新卒としてITの世界に入る事が可能です。

ほとんどの会社では、新人研修の中でITを基礎から教えてくれますので、知識の不足を心配する必要はありません。

しかし、第二新卒扱いですので、現状よりもお給料は下がりますし、同年代と比べ昇進が遅れ、上司が自分より年下、という場合もあり得ますので、その点を我慢できるか、を考えた方が良いと思います。

又、面接では、お給料が下がってもやりたい、という熱意を述べる必要があります。

業界は違っても、何年か就業経験を積んだ事により得ているものはあると思います。

その点を、面接でアピールし、若い子よりも短期間で戦力になれる事を説明すると良いでしょう。

既卒・第二新卒の採用面接の評価基準とは? – Re就活

 

2.ITコンサルタントという道

 

コンサルタントとのは、業務と技術者の橋渡しをする役割をします。

そのため、もともと業務側で仕事をしていて、ITコンサルタントに転職する人は結構多いのです。

例えば、経理の仕事をしていた人が会計システムのコンサルタントになる、工場で生産管理をしていた人が、生産管理システムを作るコンサルタントになる、等です。

ですので、自分が今、仕事で使っているシステムを作る仕事のコンサルタント職がないか、と探すのも1つの道かと思います。

ただし、実際にコンサルタントとして仕事をするには、基本的なIT技術の知識、対人関係を調整する能力、提案をする能力、等が求められますので、それらの知識を勉強する必要があります。

理想的には、自分がユーザーとして使っているシステムを改善するようなプロジェクトに、プロジェクトメンバーとして入れてもらい、そこでITのプロジェクトってこんな仕事なんだな、と理解したうえで転職をするとスムーズです。

 

3.IT業界に入るにはどのような準備が必要か?

 

まず、自習で獲得できる勉強をしましょう。

プログラミングというのは、本を見たりネットの掲示板で質問をする事により、ある程度、習得する事ができます。

Java、PHP、等の汎用的に使われている言語を最低1つ、使えるようにしておくと良いでしょう。

そのほかに、基本情報技術者試験などの資格を取っておくと面接に有利です。

この資格は、実務経験がなくても問題集を解く事により、合格できますので、お奨めです。

 

慎重に決断し、決断をしたら早めに転職

 

異業界からIT業界への転職というのは、かなり大きな転換だと思います。

そのため、転職をするかどうかの決断は、慎重に行い、転職をしたら元の業界に戻ってこない覚悟で臨臨みましょう。

又、異業界への転職はできるだけ若い方が良いです。

IT業界へ転職をする、と決めた場合は、若く頭が柔らかいうちの方が良いので、30代になる前に行いましょう。

転職で会計事務所を狙うなら簿記は必須!有利な簿記の資格

転職で会計事務所を狙うなら簿記は必須!有利な簿記の資格

ハローワークで求人を見ていると、しばしば給与もボーナスも良い会計事務所や税理士事務所の募集を発見します。しかし必要な資格欄を見てみるといつも出てくるのが簿記の資格…。

そんな就職に有利な簿記の資格は、勉強すれば2~3級は割と取れてしまう事も多いのです。

 

1.そもそも簿記の資格って何?

 

会計事務所や税理士事務所では、毎年確定申告のシーズンになると個人事業主や企業から依頼されて代理で確定申告を行ったり、顧問契約をしている企業の毎月の会計処理を行ったりなど、主に税務会計についての仕事を請け負っています。

確定申告の際に必要な資料を作成するためには利益や経費などを明確にしなければならず、日々の取引などを決められた形式で記録する時などに役立つのが簿記の知識です。

簿記の資格はこれらの知識にどこまで詳しいかのパロメーターとも言えます。

簿記の資格の種類には、

・全商簿記検定
・全経簿記検定
・日商簿記検定

などなど、大まかに分けると協会が3種類ありますが、この中で就職に圧倒的に有利で一番難易度が高いと言われているのが日商簿記検定となります。

 

2.複数ある簿記の資格の中でも需要があるのは日商簿記

 

全商・全経・日商の中で一番難しいけれど一番就職に有利なのが日商簿記検定です。

会計事務所や税理士事務所の就職を狙うならば日商の2級程度の資格を持っていればかなり優遇されます。

むしろ極端な話、全商・全経の1級よりも日商の2級・3級を持っていた方が求人としての需要は高く、就活の強い味方になり得るのも日商簿記が一番なのです。

簿記の勉強をする際にしっかりと知識を身に着け、それを忘れないうちに簿記の資格を生かした仕事に就く事で身に着けた知識を忘れる事なく一生役立つ資格とする事が出来ます。

 

3.正確性が求められる仕事なのである程度の適正が必要

 

会計事務所や税理士事務所での会計処理は正確に数字を処理し、数字がきちんと合うようにしなければなりませんから、数字を間違えずに入力したり数字が合わなかった場合には間違っている箇所を速やかに見つけて訂正など、ある程度正確な作業に対する適正が求められます。

それに加えてこういった場合にはこのような方法で処理する、といったように、様々な状況に合わせて経費などを適切に処理をする必要がありますから、簿記の資格を取る事が出来たからといってその内容をさっさと忘れてしまう事も出来ません。

簿記の資格は勉強した知識がそのまま仕事で生かされる事が多い資格の一つであると言えます。

 

資格を取る際は自分の適性も考慮

 

いくら就職に有利な資格でも、その資格を生かした仕事が自分の適性と合っていない場合、仕事が合わずにまた転職をしてしまうなどといった事も考えられます。

そうなってしまったらせっかく取得した資格も勉強した時間も無駄になってしまいます。

簿記を生かした仕事だけでなく就活の為に資格を取る際には、事前によくよく調べておく事で資格取得の為の無駄な出費と失敗を減らす事が可能となるでしょう。

 

転職でバイトしながら就職先を探す際の注意点

 

転職する際にあまり貯金が無かったり、もしくは貯金を出来るだけ減らしたくないと思った時にはアルバイトを考える人が多いでしょう。

就活中にアルバイトする事は、気分が滅入ったり貯金がどんどん減って焦るといった事を防ぐのにとても有効な手段です。

しかし自分の中でルールを作って気を引き締めないと、それが災いとなる事もあります。今回はバイトしながら就職活動をする事についてです。

 

1.あくまで目標は正社員!就活に影響ない程度に留める

 

転職をする際にバイトしながら探しているうちに長々と働いてしまい、その後転職に成功したとしても、正社員と正社員の間に結構長い空白期間(バイトしていた期間)が空いてしまうと職歴に傷として残ってしまいます。

更に次回転職する場合に、この空白期間は何をしていましたか?と必ず聞かれるようになってしまいます。

世の中にはこのような時代であるにも関わらず、バイトや派遣・パートを軽く見ている世間知らずの面接官がいますから、なるべくマイナスの経歴と受け取られかねない行動はしないに越したことはありません。

バイトしながら就活する場合、

・働きながらのんびり探そうと思わず、完全無職の時と同様の就職活動を心がける
・収入があるからと安心せずに速やかに就職する
・就職活動に支障が出ないようにシフトを組む

上記のような事が大切で、怠ると今後に響く事もあるので要注意です。

 

2.失業手当をもらう予定の人は職安に届け出を

 

失業手当を貰うために職安で手続きをした場合には、アルバイトを考えているなら一度職安で相談してみてください。

失業手当を貰ったり待機期間に届け出を出さず、職安に内緒でアルバイトをした場合、不正受給となってしまい、色々なペナルティが課せられる事があります。

関連サイト:頼れる転職エージェント・転職サイトを網羅!|転職マスターPlus