60歳以上の転職は非正規が中心になる

60歳以上の転職は非正規が中心になる

60歳以上の転職はエグゼクティブクラスなど企業トップやそれに準じるだけの経験がなければ非正規雇用が中心になります。

シニア層の活用に積極的な企業や自治体もありますが、正規雇用は難しく、雑用や単純作業が中心となることに注意が必要です。

 

1.重役クラス以外は非正規雇用が中心に

 

企業トップクラスや、重役クラスの経験者でなければ60歳以上の転職は非正規雇用が中心になります。

実績や能力があれば同業他社にシニアアドバイザーなどとして招かれることもありますが、労働時間が限られる場合や勤務日数に制限を受けるケースも多く注意が必要です。

やる気があればフルタイムで働ける企業もありますが、様々なリスクや働ける期間を考慮した上で非正規で雇うケースが多いのです。

収入的にも落ち込むことが多いため注意が必要で、貯金や計画的な資産運用で備えておくことも重要となります。

体調や通勤可能な範囲も大分狭まっていることも多いため、老後に備えておくことは重要になってくるのです。

 

2.仕事を新しく覚えなければならないことも多い

 

転職と言っても自分のスキルを活かせるところがあるとは限らないのも60歳以上の求人の特徴です。

働けるうちに早めに転職先を探していた方がいい場合もあります。

仕事を新しく覚えなければならないことも多く、選り好みをしていると仕事が全くないと言うケースすら出てきます。

新しく仕事を覚えることや、好き嫌いをしないことも重要で、収入を得るだけでなく生きがいなどに繋げているけるのが理想といえます。

どうしても転職先が見つからない場合は、ネットや以前の職場で築いたネットワークを使って下請け業を営んだ方よい場合もあり、自分がクラス地域の環境を含めて事前に調べておくことが大切になってくるのです。

好きなことを仕事に!その厳しい現実とは? - 就職・転職コラム | goo

 

3.治体などの募集を見ていくのも方法

 

60歳以上の転職は非常に限られるため、転職サイトを活用する以外に自治体などの求人情報をまめにチェックすることも大切になります。

人材活用のために60歳以上などの年齢が高めの人向きの活動を後押ししている自治体も多く、清掃活動など比較的軽めの労働内容で収入を得ることができます。

非正規雇用であるだけでなく、期間限定の雇用となることもあるため安心するのは難しい場合もありますが、つなぎと考えれば少しは気が楽になります。

労働時間を限定した職員を募集している自治体もあるため、ハローワークなど地元の職安も活用するのがポイントになります。

 

選択肢が少ない点に注意が必要

 

60歳以上の転職は、役員や重役経験者以外は極端に少なくなります。

・エグゼクティブクラス以外は非正規が中心
・新しく覚えなけれんばいけないことも多い
・自治体などの募集も重要になる

求人サイトを見ていても募集自体が少ないことから、地元で働けるところを探すなど、探し方も工夫が必要になる場合もあります。

収入は基本的に下がってしまうため事前の備えも重要で、自治体の人材募集なども活用するなど、まずは働けるかどうか自体が重要になることも多いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です