異業種からIT業界へ転職できるか

異業種からIT業界へ転職できるか

異業種からIT業界へ転職できるか

 

現代は、情報化時代でITの仕事が増えています。

今は他の仕事をしているけれども、ITの世界に転職できないか、と考えている人も多いかと思います。

どのような分野であれば転職が可能で、転職する前にどのような準備をしておくべきか、について見てみましょう。

 

1.第二新卒で転職をする場合

 

20代半ばまでであれば、第二新卒としてITの世界に入る事が可能です。

ほとんどの会社では、新人研修の中でITを基礎から教えてくれますので、知識の不足を心配する必要はありません。

しかし、第二新卒扱いですので、現状よりもお給料は下がりますし、同年代と比べ昇進が遅れ、上司が自分より年下、という場合もあり得ますので、その点を我慢できるか、を考えた方が良いと思います。

又、面接では、お給料が下がってもやりたい、という熱意を述べる必要があります。

業界は違っても、何年か就業経験を積んだ事により得ているものはあると思います。

その点を、面接でアピールし、若い子よりも短期間で戦力になれる事を説明すると良いでしょう。

既卒・第二新卒の採用面接の評価基準とは? – Re就活

 

2.ITコンサルタントという道

 

コンサルタントとのは、業務と技術者の橋渡しをする役割をします。

そのため、もともと業務側で仕事をしていて、ITコンサルタントに転職する人は結構多いのです。

例えば、経理の仕事をしていた人が会計システムのコンサルタントになる、工場で生産管理をしていた人が、生産管理システムを作るコンサルタントになる、等です。

ですので、自分が今、仕事で使っているシステムを作る仕事のコンサルタント職がないか、と探すのも1つの道かと思います。

ただし、実際にコンサルタントとして仕事をするには、基本的なIT技術の知識、対人関係を調整する能力、提案をする能力、等が求められますので、それらの知識を勉強する必要があります。

理想的には、自分がユーザーとして使っているシステムを改善するようなプロジェクトに、プロジェクトメンバーとして入れてもらい、そこでITのプロジェクトってこんな仕事なんだな、と理解したうえで転職をするとスムーズです。

 

3.IT業界に入るにはどのような準備が必要か?

 

まず、自習で獲得できる勉強をしましょう。

プログラミングというのは、本を見たりネットの掲示板で質問をする事により、ある程度、習得する事ができます。

Java、PHP、等の汎用的に使われている言語を最低1つ、使えるようにしておくと良いでしょう。

そのほかに、基本情報技術者試験などの資格を取っておくと面接に有利です。

この資格は、実務経験がなくても問題集を解く事により、合格できますので、お奨めです。

 

慎重に決断し、決断をしたら早めに転職

 

異業界からIT業界への転職というのは、かなり大きな転換だと思います。

そのため、転職をするかどうかの決断は、慎重に行い、転職をしたら元の業界に戻ってこない覚悟で臨臨みましょう。

又、異業界への転職はできるだけ若い方が良いです。

IT業界へ転職をする、と決めた場合は、若く頭が柔らかいうちの方が良いので、30代になる前に行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です