転職用の履歴書には色々なタイプが!経歴や資格で使い分け

転職用の履歴書には色々なタイプが!経歴や資格で使い分け

文房具専門店やショッピングセンターなどでは、色々な記入方式の履歴書が売られています。

自分の職歴や資格の多さ・正社員かパートかなど、いくつか使い分ける事で見栄えの良い履歴書を作り上げたり履歴書を書く時間を短縮させる事が可能になります。

転職の際の履歴書の書き方についてはヤフーやグーグルの画像検索・サイトなどで優秀な例がいっぱい載っていますから、今回は履歴書の選び方について見てみましょう。

 

1.転職用の履歴書はデザイン色々

 

巷で売られている履歴書のデザインは実は何種類もあり、それぞれに特色があります。

職歴や資格を書く欄を多めにとっているものや、特技・性格・志望動機・学生時代の活動などを詳しく記入する自己アピール型の履歴書、全体的にバランスがとれたデザインの履歴書にパート・アルバイト用の簡単に書ける物など、用途別に売り出されているので、購入する際には履歴書のデザインを注視して選ぶのが良いでしょう。

履歴書を持参するときのマナー|エンジャパンの転職大辞典|エン転職

 

2.正社員の場合は選ぶ履歴書で印象が違う場合も

 

丁寧に書かれた字でしっかりと書きこまれている履歴書というのは感じが良いものです。せっかく自己アピールする事が出来る欄が履歴書にデザインされているのに、この部分をあまり書き込まずに提出すると、空欄が目立って印象が良くありません。

文章を考えて空欄を埋めるタイプの作業が苦手な場合は、無理にこういうタイプの履歴書を使用するのを避け、職歴・資格記入欄・簡単な志望動機などを書く欄があるだけのオーソドックスな履歴書を使用し、職務経歴書の方で少々頑張るようにした方が良い場合もあります。

 

3.良い履歴書の選び方

 

自分が現在転職を考えている企業などに使う履歴書で適切な物を選ぶには、自己アピールが一番しやすいであろうデザインのものを選ぶ事が重要です。

また、転職回数が多い場合には職歴が書ききれない事がありますから、そういった場合には短い期間の職歴を記入しないか、もしくは職歴を書く欄が沢山ある履歴書を使う必要があります。

例えば職歴が少ないのにこういうタイプの履歴書を選んでしまうと、履歴書内がすっきりしすぎてしまい、手抜きのような印象が感じられてしまうのでふさわしくありません。

自己アピールや特技などを書く欄が多い履歴書では自分を売り込む事ができますし、資格をたくさん持っている人は資格記入欄が多いと資格欄に目が行くので、こういうデザインの履歴書を選べば自己アピールにつながるでしょう。

パート・アルバイトの場合は少々簡素に書く人も多いので、簡単に書けるパート・バイト用の履歴書などもあります。

自分にとって良い履歴書を選ぶためには、

・自分が一番書きやすく、自分をアピールしやすいデザインの履歴書を選ぶ
・正社員の場合は職務経歴書のデザインも良いものが望ましい
・パート・アルバイト・派遣など簡素に書いて良さそうなものは簡素化できる履歴書を選ぶ

などといったコツが挙げられます。

 

本気度によって履歴書を変える

 

履歴書は正式な書類ですからきちんときれいに美しく書くのは基本中の基本ですが、転職のつなぎのアルバイトやパート・工場派遣などの場合は正社員に応募する程度のクオリティを必要としない場合も多々あります。

応募するジャンルによって履歴書を変える事で面倒臭さから解放され、正社員の場合は資格を重点に置くか自己アピールを重点的に置くかなどを選べる利点もあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です