転職の試験で出される一般常識への適切な対策方法

転職の試験で出される一般常識への適切な対策方法

転職の試験では、面接の他に一般常識と銘打つ学力試験のようなものをうけることがあります。

もちろん一般常識というだけあって、決してすごく難しいというわけではないですが、いかんせん学生時代とは違い、久しく勉強から遠ざかっているわけですから、対策なしで挑むとここで撃沈してしまう可能性もあります。

そこでここでは、そんな一般常識の問題と突破するべく、転職試験での一般常識問題への適切な対策方法を紹介します。

 

1.一冊の問題集を繰り替えし解く

 

一般常識対策の問題集というのも、今の時代たくさん出ています。ですから、そういう問題集を一冊購入し繰り返し解くようにしてください。繰り返し同じ問題集を解くことで、一冊の問題集分の知識が完璧に蓄積されるようになります。

すると一般常識の問題で弾かれることはなくなっていくでしょう。逆に何冊も一般常識問題にチャレンジすると、それが原因で知識が飛び飛びになり、結果一冊を繰り返すよりもあまり覚えられないという事態に陥りやすいです。

ですから、そうならないように、一冊の問題集を繰り返し解くようにするのが適切なのです。

 

2.なるべく早い段階から毎日少しずつやる

 

一般常識の対策は、なるべく早い段階から毎日少しずつするというのが適切な方法です。直前で一気に叩き込もうとしても、それは記憶に長い間蓄積するのが難しく、なかなか成果が出づらいのです。

それよりも、毎日毎日少しずつ、記憶を上書きしていった方が、記憶というのは蓄積されやすいのです。ですから、転職をしたいと思ったくらいのタイミングから、ちょっとずつ始めるのがオススメです。

毎日やるというのも重要です。毎日触れることで、より勉強の成果は記憶されやすくなるのです。

ですから、ちょっとしか時間がとれない日があったとしても、移動時間を利用しての勉強など、本当に少しの時間でも良いので、毎日勉強の時間をつくり、一般常識の問題に触れるようにしていってください。

 

3.時間を見ながら勉強する

 

一つ一つの問題で時間を確認しながら勉強するというのも大切なことです。一般常識の問題では、時間が足りなくなりがちです。

それこそが一番の鬼門と言えるくらいです。ですから、常日頃から時間を見ながら勉強していき、時間の感覚を身体に覚えさせるというのは、すごく適切な対策となります。

そうして常に時間を気にすることになれておけば、本番で時間におわれてイージーなミスをすることもなくなっていきますし、時間のペース配分を間違えるということもなくなるでしょう。

初めて転職する方へ あなたの知らない転職活動 |転職ならDODA

 

対策方法次第で成果は変わる

 

ただただ闇雲に勉強していくのも良いですが、こうしてしっかりと効率的に勉強していけば、より成果は出やすくなります。今一度まとめると、

・一冊の問題集を繰り替えし解いて解き方を覚える
・毎日少しずつでも良いので触れて、記憶に蓄積させる
・時間を見ながら勉強して、時間の扱いに慣れる

ということが、成果の出やすい対策方法となります。是非これらの方法で、成果をあげていってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です